絵を描き始めた頃の練習風景 2016年2月後編

過去の練習絵 2016年2月です。絵の練習を始めてから3ヶ月が経ち、4ヶ月目に突入です。

前編はこちら

2016年2月の使用レイヤー数は34枚(ウォーミングアップを除く)でした。今回後編では19枚紹介してきます。

じゃあ、まずはいつもの

事のあらまし

同じように可愛い女の子を描きたいんじゃ!っていう人に『こいつ最初は下手くそやんけ!これなら自分でもできそうだ』と思ってもらったり、同じように実際に今絵の練習をしている人に少しでも勇気を与えたい。

と思い立ちブログを始めました。

初期のころの練習量の目安は練習は週2回以上最低30分。最低30分なのはニコニコ生放送で練習風景を流してたから。

さぁ、始まるザマスよ!いくでがんす!フンガー!

4ヶ月目になり、デフォルメの練習として好きな絵柄のマンガ模写。

それに加え、前編で弱いと感じた腰の練習。すべてはスカートを履かせるため!

ただスカートを描くのではなく、説得力を持ってスカートを履かせるために腰から練習。

2016/2/10

今後の課題として足、靴をリストアップ。

キャラ模写でテンション上げつつ練習。

自分で課題にした足の練習。

ルーミスの模写。最初は無心で模写するだけで精一杯。

なんでこんな図形の模写するんだろって思うこともあるが、それがわからないからこその模写だ。ルーミスの気持ちになりきって模写模写。

2016/2/11 足、足、足。

2016/2/12 足、そして靴。

2016/2/13 キャラ模写を混ぜつつ、足、腰。

2016/2/14 実物の写真から線を拾う練習も混ぜる。

2016/2/15

2016/2/16

2016/2/17 腰の描き方に迷ったら、ヒトカク先生に戻って再度練習。技術の上達具合に応じてヒトカク先生の言ってることも徐々にわかってくる。ヒトカク先生の視点を自分の中にインストールするつもりで練習。

以上、後編でした。

4ヶ月間目はよりディテールにこだわった練習が増えてきた。それも一重に絵をたくさん描いたことで自分の趣味趣向がわかってきたからだ。描き初めた当初は、ただ漠然と上手くなりたいなぁっと思いっていた。

実際にニコニコ生放送にきた人に、どんな絵を描きたいのか?とか言われても、上手くなりたいしか答えようながかったし、それで精一杯だった。

それじゃダメだよっとか否定されることを言われることもあったけど、今思うと全然ダメじゃないじゃんって感じる。

結局はやってみないとわからない。漠然としててもいいからやってみる。やってみることで何かしら自分のこだわる所が出てくるので、その感覚を大切にする。自分自身を信じる。

こだわりが出てこないときは、基礎練でも何でもいいから自分がやろうと思ったら練習をやってみる。まさに守破離の守だ。出来るだけ自分の感覚を手放して、新しい感覚を取り入れる。つまり固定概念を捨て、自分の中に考える材料をたくさん取り入れる。

とまあまとまらない文章で次回に続きます。

Twitterのフォローしてくれたり、ブログ経由でニコニコ生放送に来てくれる人もいる。ほんとうにありがとう、すごい嬉しい。そういう仲間と一緒に上達していきたいね。リンクに仲間のブログを紹介してるので必読!

というわけで今日もお絵かき(゜ω゜)

ニコニコ生放送でのお絵かき垂れ流しはこちら→13-TV

明日もお絵かき(゜ω゜)

でっちょ 栃木県の田舎暮らし。 22歳8月、絵を描いてみたくてペンタブを買う。いろいろ最初は描くのが楽しかったが、独学で3年間描くも徐々に描きたいものが上手く描けないことに気が付き、描くことが苦しくなり挫折。 それから数年後。 2015年11月5日(木) にもう一度絵を描きたい!!と強く思い基礎の基礎から練習開始。 ヒトカク先生、ルーミス先生から基礎を学び、そして現在に至る。 趣味はお絵かき、数学、ギター、読書、料理、水泳、ダイエット、筋トレ。

にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ  ←応援クリックありがとナス(^ω^)